筋トレ後にHMB入りプロテインを飲むと筋肉痛が軽減される

HMBとは?

HMBとは必須アミノ酸であるロイシンの代謝物で、筋タンパク質合成促進と分解抑制の効果がこれまでの研究で明らかにされています。正式には「3-ヒドロキシイソ吉草酸、β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸、 3-Hydroxy 3-MethylButyrate」と言います。HMBは筋タンパク質の主要な合成経路であるmTOR系を促進、反対に主要な分解経路のユビキチン/プロテアソーム系を抑制するとされていて、筋トレによるボディメイクを助けてくれる成分として知られています。こういった働きがあるのでHMBの事を筋肉サプリと呼んだりします。

 

HMBの効果

HMBは筋肉の合成を高める効果がありますが、筋肉増量の結果、代謝を高めるという意味でダイエットしたい人にも注目されています。

 

HMBの筋肉合成を促進させる効果がある

HMBの材料になるロイシンはmTORという体内のタンパク質に働きかけ、筋合成のシグナルを伝えることが知られています。そして、ロイシンの代謝物であるHMBも同様にmTORを刺激しますし、ロイシンよりも吸収の効率が高いとされています。

筋線維を修復するために筋肉の材料が必要となる筋トレ前後に吸収の速いHMBを摂取することで筋合成を効果的に進めることができます。また、筋トレ後は筋肉に血液が集中していて、消化器官の働きが低下しているので、吸収に負担の少ないHMBは効果的と言えます。

なぜダイエットに効果があると注目されているのか?

またこのHMBはダイエット効果があるとも言われていて、その理由はHMBは筋肉量を増加する働きがあるので筋肉が増えれば基礎代謝がアップし脂肪を燃焼することが出来るからです。なので筋肉を付けたい男性だけではなくダイエットがしたい女性やお腹周りの脂肪をなんとかしたい中年男性からも注目されている成分と言えます。

近年はHMBを主成分としたサプリが数多く販売されていて、その中には美容成分、ダイエット成分をプラスした女性向けの商品も少なくありません。これまでは筋肉を効率よく付けるとなるとプロテイン飲料が主流でしたが今は飲みやすさからHMBを利用する人が増えてきています。ただ理解しておいて欲しいのはHMBはあくまで筋肉を効率よくつける為の成分なので摂取するだけで筋肉が付く、痩せることが出来るわけではありません。サプリメントを摂取して筋トレや運動をする必要があります。

 

HMBと一緒に摂取すると効果的なスポーツサプリ成分

あとHMBと併用して飲むことをお勧めする成分がプロテイン、クレアチン、グルタミンです。プロテインは筋肉を作る材料となるのでトレーニング後に必要不可欠ですし、クレアチンやグルタミンを摂取することで疲労回復や持続力を高める効果があると言われています。

 

クレアチン

クレアチンは体内でクレアチンリン酸として貯蔵される筋肉のエネルギー源で、特に瞬発的な運動の際に使われます。そのため、クレアチンをサプリメントで飲むことで筋トレや瞬発的な運動、スプリント種目を行う時に有効と言われています。クレアチンをトレーニング前に補給することで、トレーニングを高い強度で行うことができたり、いつもより瞬発的な運動の持続力が高まると言われています。筋トレであれば、高重量トレーニングで辛くなってからの最後1レップの踏ん張りが期待できます。

 

より高い強度や質でトレーニングができるということは、それだけ筋肉の成長にも効果的です。クレアチンそのものは筋肉の成長を促しませんが、トレーニングの質を上げることで、結果的に筋肉の発達が促されるのでおすすめのサプリメントです。

グルタミン

グルタミンはアミノ酸の一種で、トレーニングからの回復に効果的と言われています。トレーニングで追い込むことは身体にとっては少なからず負担になっています。そのため、トレーニングをよく行う人やアスリートでは免疫が低下し、風邪をひきやすい状態になると言われています。グルタミンはトレーニング後に身体の免疫が低下するのを抑制する効果があり、体調管理に欠かせないサプリメントです。

 

また、グルタミンにはトレーニング後のグリコーゲン量の回復を促進する効果があります。グルタミンを飲むことでトレーニングで枯渇した筋肉のグリコーゲンを素早く回復させ、次のトレーニングにつなげることができます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。