スポンサーリンク
プレワークサプリメント

プレワークアウトサプリメントには「シトルリンマレート」がおすすめ

プレワークアウトサプリメントとは? 以前より筋トレを行っており、プロテインやBCAAといった基本的なサプリメントは摂取していましたが、よりトレーニングの効果を高めたいと考えており、プレワークアウトサプリメントの存在を知りました。 プレワークアウトサプリメントとは プレワークアウトサプリメントとは、プレ(前)+ワークアウト(仕事・作業)のサプリメントなので、簡単に言うと筋トレ前に飲むサプリメントという意味です。 プレワークアウトサプリメントをトレーニングの前に摂取すると、体内で一酸化窒素を発生します。一酸化窒素は、血管を拡張させる効果がありますので通常よりも血液が体に回りやすくなり、疲労物質の運搬がスムーズになるだけでなく酸素の供給も効率化されるので筋トレの負担を軽減できるわけです。 おすすめプレワークサプリメントは「シトルリンマレート」 僕のオススメプレワークサプリメントは「シトルリンマレート」です。 「シトルリンマレート」は粉末タイプのサプリメントで、水やドリンクに溶かすことが可能であり、特殊な味や匂いなどもなく飲みにくさもないので便利です。
増量期プロテイン

安く効率的に筋肉ムキムキなら「ビーレジェンドプロテイン」シリーズ

筋肥大トレーニングとプロテイン費用の問題 筋肉を大きくするうえでは、トレーニングをしっかり行うことはもちろんですが、たんぱく質をしっかりと摂取する必要があります。肉や魚などの食材からもたんぱく質を摂取することは可能ですが、余計なカロリーを摂取してしまうこともあり、なかなか難しいのが現状です。そこでおすすめするのがプロテインです。 筋肥大に必要なプロテインはサプリメントでの補助摂取が必要だが費用がかかる ドラッグストア等に行くと、よく聞く製薬会社などが大きな800g入のプロテインを30cmくらいの大きな袋で販売しています。いざ買おうと思って、価格を見ると「5000円」近くすることに気づき、プロテインって高いな・・・と思った記憶があります。 プロテインを飲まずに運動することもできますが、どうしても筋肉痛がひどく、なかなか効率的に筋トレができないことがありますよね。 ビーレジェンドプロテインの最大のメリットは「値段の安さ」 そんな筋肉ムキムキを目指す人の救世主が「ビーレジェンドプロテイン」です。 プロテイン自体は国内外で多くのプロテインが販売されています
減量期サプリメント

共役リノール酸「マイプロテインCLA」運動前摂取で脂肪燃焼効率化

減量期に効果的なサプリメントは増量期と種類が別 筋肥大を効率的にするには減量、いわゆるダイエットも同時に行い、無駄な脂肪を削除していく必要があります。 もちろん、運動でのカロリー消費で脂肪を燃やしていくのですが、実は運動前に脂肪燃焼を効率化させるサプリメントを摂取しておくと脂肪を減らすまでの時間を短縮できる可能性があります。 脂肪燃焼に効果的なサプリメント成分として カフェイン カルニチン などが言われていますが、効果は人それぞれです。 私も脂肪燃焼系サプリメントとして、以前はカフェインやカルニチンが配合されているサプリメントを摂取していましたが、あまり効果を感じることができなかったので、新しいサプリメントを摂取することにしました。 減量を効率的にする共役リノール酸(CLA)とは そこで、共役リノール酸という成分であるCLAを購入し、効果を実感しています。 このCLAの特徴は代謝を上げてくれるという点にあります。 共益リノール酸(きょうやくりのーるさん)とは 共役リノール酸(英:conjugated linoleic
増量期プロテイン

ザバス(SAVAS)ホエイプロテインはマッチョ筋肥大向け

ホエイプロテインは動物性蛋白質なので吸収率がよく筋肥大が早い ホエイプロテインとは牛乳を原材料に作られたプロテインの事を言います。ホエイプロテインの特徴としてはソイプロテイン(植物性プロテイン)に比べ吸収が非常に速く、筋組織への有効に栄養を与えられることがあります。そのため、高負荷のトレーニングや筋肥大を目指す方には栄養吸収の面からソイプロテインよりホエイプロテインのほうが効果絶大とされています。 ただしホエイプロテインのデメリットは摂りすぎると肥満につながります。ホエイプロテインは吸収性が高いのですが、それは栄養になりやすいため、プロテインの摂取量やトレーニング強度に注意しないとムクムクと太ります。 ザバスプロテインは薬局・ドラッグストアでも購入出来る手近なプロテイン 私はこれまで筋トレをしていましたが、プロテインやサプリは使っていませんでした。筋トレの効果はすごくゆっくりと出ていましたが疲労がとてもたまりやすかったです。そんな時、先輩からプロテインを飲んでみてはどうかというお誘いを受けました。 そこで紹介されたのがザバスホエイプロテインです。
筋肉アフターケア

運動後のアフターケアサプリなら「グリコ・エキストラアミノアシッド」

運動後の疲労を摂るにはEXTRA AMINOACIDS(エクストラアミノアシッド)を運動後寝る前に摂取 私は陸上、マラソンをやっていますが、普段からトレーニングをしていると、どうしても疲れはたまってしまうものです。特に大会の前にはしっかり疲れをとって万全の状態で望みたいと思っていました。そんな時に出会ったのが回復に適したグリコの「エキストラ アミノアシッド」というサプリメントです。 (※今は新パッケージになっており、こちらのパッケージではありません。) 普段からトレーニングをしている人にはオススメのサプリメントです。このサプリメントは回復時に摂りたいアルギニン・リジン・オルニチンといったアミノ酸にカンカ(ハーブ)、マグネシウム、亜鉛、セレン、ビタミンB6といった成分が配合されています。 私も大会前の1週間前には毎日寝る前に4粒摂取していますが、驚くことに本当に疲れが抜けていくのが実感できます。疲れがしっかりとれるだけあって価格もいいお値段と感じます。毎日は無理!という方でも特に今日は激しいトレーニングをした時や大会が近い時のみ摂取するだけでも十分効果があります。私のように大
HMB

運動後のプロテイン重いなら、フルーツ味のHMB18000良いよ

運動後でもあっさり飲めるフルーツ味のHMBプロテイン「HMB PROTEIN180000」 ヨガ・マラソン・ロードバイクなどを土日にやっているのですが、日常生活のデスクワークで凝り固まった体を急に動かすので、翌日の筋肉痛・だるさ・疲労感がひどかったんです。 それで、職場の同僚(女性)にそんな話したら、この「HMB PROTEIN180000」を紹介されたので騙されたと思って購入してみました。 HMB PROTEIN180000はサラッとした粉が600g袋に入っている 「HMB PROTEIN180000」は今のところ通販限定っぽいので、昼休みにネットで購入しました。 HMBプロテイン18000の中身はサラサラの粉にスプーンが同包されています。 見た感じザバスプロテインみたいに粉がもたついた感じがなく砂糖のようにサラサラしています。 HMB PROTEIN180000購入したら専用シェイカーもついてきました HMB PROTEIN180000を購入したらシェイカーも一緒についてきました。 口が大きいので意外と重宝しています。(
筋トレ法

自宅で胸板を厚くすなら腕立て=大胸筋+広背筋を鍛える

腕立て伏せで鍛えられる筋肉2つ 筋トレをして胸板を厚くする場合、大胸筋を鍛える事が重要です。胸の部分というのは直接そこを鍛えるイメージがつかないかもしれませんが、実は腕立て伏せをすると腕も鍛えられますけど、同時に腕の筋肉と連動している大胸筋・広背筋も鍛えることができるのです。 広背筋 広背筋(こうはいきん/musculus latissimus dorsi)は、 第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突・仙骨・腸骨稜・第9~12肋骨を起点として、下部から上外側方、上部から水平に外側方に向かって走行する筋肉で、最終的に上腕骨の上部小結節稜に付着している筋肉です。 広背筋を鍛えるためには、チンニング(懸垂)がもっともよく知られており効果も高いが、たいていの人間には負荷が高すぎる。その場合には、ラットプルダウン、ベント・オーバー・ローイング、ロープーリーなどの広背筋トレーニングに適した各筋トレ種目が存在しています。(以上、Wikipediaより引用・改変) 大胸筋 大胸筋(だいきょうきん/musculus pectoralis major)は、 胸部の筋肉のうち
NO IMAGE 筋肉アフターケア

筋トレ後にHMB入りプロテインを飲むと筋肉痛が軽減される

HMBとは? HMBとは必須アミノ酸であるロイシンの代謝物で、筋タンパク質合成促進と分解抑制の効果がこれまでの研究で明らかにされています。正式には「3-ヒドロキシイソ吉草酸、β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸、 3-Hydroxy 3-MethylButyrate」と言います。HMBは筋タンパク質の主要な合成経路であるmTOR系を促進、反対に主要な分解経路のユビキチン/プロテアソーム系を抑制するとされていて、筋トレによるボディメイクを助けてくれる成分として知られています。こういった働きがあるのでHMBの事を筋肉サプリと呼んだりします。 HMBの効果 HMBは筋肉の合成を高める効果がありますが、筋肉増量の結果、代謝を高めるという意味でダイエットしたい人にも注目されています。 HMBの筋肉合成を促進させる効果がある HMBの材料になるロイシンはmTORという体内のタンパク質に働きかけ、筋合成のシグナルを伝えることが知られています。そして、ロイシンの代謝物であるHMBも同様にmTORを刺激しますし、ロイシンよりも吸収の効率が高いとされています。 筋線維を修復するた
増量期プロテイン

3ヶ月で5kg体重を増やすなら重量系プロテイン「シリアスマス」

爆発的筋肥大ならプロテインはシリアスマス(Serious Mass) 筋力トレーニングを行っている方は大半がプロテインを使用していると思います。そもそもプロテインとはタンパク質の事で、筋力トレーニングで破壊された筋繊維を修復する為のタンパク質を食事だけでは取れない事から、プロテインを補助的な物として摂取するのです。これにより、効率的に筋力を肥大化させる事が出来ます。 過去に使ったことのあるプロテイン一覧 私も多くのプロテインを試して来ましたが、私が個人的に飲んでいたプロテインを紹介します。 ウェイトゲイナー 先ずは有名な「ウェイトゲイナー」です。このプロテインは私が初めて購入したプロテインです。味はチョコレートでした。このプロテインは体重増加用ですから、当然、カロリーが高いです。甘くて美味しいですよ。甘党の方ならオススメです。きちんと食事と組み合わせれば体重増加が見込めます。 ザバス 次は「ザバス」です。 このプロテインは平均的なプロテインといった感じですかね。平均的な量のタンパク質が含まれています。別の種類のザバスですが、体重低下用のザバスもありますよ。非常に
スポンサーリンク