DNS ホエイプロテイン100

私がこの商品を購入した理由は、まずはたんぱく質含有量の多さです。
元々、各社製品と比較してもDNSのプロテインはたんぱく質の量が多いのが特徴であり、しかも溶けやすく味がいいというのは非常に助かります。
筋トレを行い、筋肉を大きくすることを目的としている私にとっては、たんぱく質の摂取量は一般人と比較してもかなりの量が必要になり、1日に150gから200gの摂取を目標にしています。
これを食事だけから摂取しようとすると中々難しく、しかも摂取できたとしても、余計な脂肪を摂取してしまう可能性があり、効率が非常に悪かったので、プロテインで効果的にたんぱく質が摂取できるというのは助かります。
味に関してもバリエーションがあり、1袋のサイズも小さいのでいろいろな味を試すことができます。
摂取のタイミングとしては、まずはトレーニング後、その他は就寝前や起床後に摂取しています。
就寝前は牛乳と一緒に摂取することで吸収が緩やかになるので、寝ている間の筋肉の分解を抑制することができます。
逆にトレーニング後や起床後は、より速くプロテインを吸収するために、水やオレンジジュースなどの果物ジュースやマルトデキストリンといった糖質とともに摂取しています。ビタミンBとも摂取したりします。

ファイン AYAソイプロテインスムージー 300g

この商品を最初に知ったのは、ジムでトレーニングを行っている知り合いの女性が使っており、一口飲ませてもらったというのがきっかけです。
これは表紙のパッケージを見てもわかる通り、女性が開発したプロテインであり、基本的には女性をターゲットとした商品ですが、男性が飲んでも問題ありません。
とにかく味の美味しさに驚いてしまい、すぐに購入しました。
プロテインには、基本的には牛乳を原料としたホエイプロテインと、大豆を原料としたソイプロテインの2種類がありますが、この商品はソイプロテインです。
ソイプロテインの特徴は、ホエイプロテインと比較して吸収が緩やかであるということから、腹持ちもよく、筋肉に長時間かけて栄養を送ることができます。
欠点としては、吸収が緩やかな分、すぐに吸収したいトレーニング後には向かないという点と、ソイとホエイプロテインでは、全体的に吸収される比率も若干ソイの方が劣るという点があります。
しかし、ソイの他にもスーパーフードのチアシードが入っていたり、様々な栄養成分が入っているので効果は高いと思いますし、何より味がいいのは継続するモチベーションになります。
私はこれとホエイプロテインを混ぜて飲んだり、朝食にオートミールを入れて食べたりしています。

ゴールドジム パワーグリップ

今まではなにもつけず素手でトレーニングをしておりました。
しかし、デッドリフトやラットプルダウン、ロウイング など背中を鍛える種目でどうしても先に握力が疲れてしまっていました。
そこでネットで評判の高かったゴールドジムのパワーグリップを購入しました。
実際に使用して驚きました。
今までは1セット目から前腕がパンパンになり、バーを握るのさえできなかったのが、パワーグリップを付けることにより3セットをこなしても握力が疲れません。
このパワーグリップはラバーでできているため滑りづらく、しっかりとホールドしてくれます。
そのためバーを握りこむ必要がなく、リラックスしてトレーニングが行えます。
また、私は汗っかきで手汗をよくかきます。
今まではトレーニング中も手汗をかき、手が滑りバーを落としそうになることもありました。
パワーグリップを使ってからは手汗が気になることもなくなり快適に、そして安全にトレーニングができるようになりました。
トレーニング中にどうしても先に握力が疲れてしまって対象の筋肉が追い込まない・手汗で滑ってしまってトレーニングに集中できない
そんな方は是非一度ゴールドジムのパワーグリップを試してみてください。

加圧トレーニング

筋肥大だけでなく、血行促進や成長ホルモンの分泌ができることが最大の特徴だと思います。
巷では女性向けのダイエット・アンチエイジング用途がメインですが、運動習慣のあまりない
高齢者に最もおすすめしたいと思います。
なぜなら加圧状態では従来の重さの体感的に1/4程度の負荷(重量)しかかけることができない
のですが、それにより腱への負担が軽くなるため、身体全体への負担が軽減できます。
またトレーニング中はきついですが、加圧状態を解放すると乳酸が成長ホルモンとして身体中に
分泌されるため、アンチエイジング効果も間違いなくあります。
重量的にあまり負荷をかけず、週に1~2回で効果のあらわれる加圧トレーニングは時間対効果
が非常に高いです。
血行促進・筋肥大・アンチエイジングに関しては医学的な立証はできているのですが、日本医師会
が導入に後ろ向きであるためなかなか日本で普及していないのが実情です。
今後超高齢化社会を迎える日本において、医療や投薬に頼らない自発的な運動習慣の持つ重要性は
高まっています。
加圧トレーニングの普及により、高齢者やリハビリ対象者には優れたメリットを享受することが
可能です。
ぜひとも一人でも多くの方に一度でもチャレンジしていただければと思います。

自宅で胸板を厚くすなら腕立て=大胸筋+広背筋を鍛える

腕立て伏せで鍛えられる筋肉2つ

筋トレをして胸板を厚くする場合、大胸筋を鍛える事が重要です。胸の部分というのは直接そこを鍛えるイメージがつかないかもしれませんが、実は腕立て伏せをすると腕も鍛えられますけど、同時に腕の筋肉と連動している大胸筋・広背筋も鍛えることができるのです。

広背筋

広背筋(こうはいきん/musculus latissimus dorsi)は、

第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突・仙骨・腸骨稜・第9~12肋骨を起点として、下部から上外側方、上部から水平に外側方に向かって走行する筋肉で、最終的に上腕骨の上部小結節稜に付着している筋肉です。

広背筋を鍛えるためには、チンニング(懸垂)がもっともよく知られており効果も高いが、たいていの人間には負荷が高すぎる。その場合には、ラットプルダウン、ベント・オーバー・ローイング、ロープーリーなどの広背筋トレーニングに適した各筋トレ種目が存在しています。(以上、Wikipediaより引用・改変

大胸筋

大胸筋(だいきょうきん/musculus pectoralis major)は、

胸部の筋肉のうち胸郭外側面にある胸腕筋で、鎖骨、胸骨と肋軟骨(第2~第7前面)、腹直筋鞘の3部を起点として上外方に集まりながら、上腕骨の大結節稜を終点として付着する
筋肉です。

大胸筋を鍛える筋力トレーニング法には多くの種目が存在する。最も手軽で一般的なのはプッシュアップ(腕立て伏せ)であり、バーベルを使ったベンチプレス、ダンベルを使ったダンベル・フライなどもよく知られている。身体前面に位置し、もっとも目立つ筋肉の一つであることからボディビルなどでは重要視される筋肉の一つです。(以上、Wikipediaより引用・改変

したがって、胸板を厚くしたいと思っている人におすすめの筋トレの方法は腕立て伏せになるので、自宅で継続的にやってみてほしいと思います。

 

腕立て伏せをやるときのポイント

ただ、やるときにはポイントがあって、腕立て伏せをするときにはゆっくりと動作をしないといけません。すばやく筋肉を動かしてしまうと筋トレ効果が出づらいので、辛いのは分かります。

慣れないと筋トレが辛いので早く済ませようとして腕立ての動きが早くなると、筋肉への負荷が減少し、筋トレの効果があまり出ないということになります。

ベンチプレスを利用できる環境の人はそっちでも良いのですが、そうじゃない人にとっては自宅でもできる腕立て伏せはおすすめなので、胸板を厚くするための筋トレとして腕立て伏せを継続してやってみると良いと思います。

腕立て伏せをする際に体幹が弱くて腰が落ち込む、姿勢が悪くてプランクポーズの段階で辛いということがあれば手軽に利用できる加圧シャツ等が発売されているのでそういうグッズを併用するのも良いでしょう。

参考→金剛筋シャツ

CELLUCOR C4 プレワークアウトサプリメント

トレーニングの前に摂取をすることで、より効果を高めることの出来るサプリメントとして、プレワークアウトサプリメントがあります。
プレワークアウトサプリメントについては、海外のメーカーがより豊富な商品ラインナップを展開しており、効果も実感しやすくなっています。
私が今回紹介するC4には、トレーニングの効果を高めてくれる効果が豊富に配合されています。
まずは、NO系成分として最近注目を集めているアルギニンケトルグルタルが配合されています。
これを摂取することにより、一酸化窒素が分泌され、血管が拡張します。血管の拡張により血流が良くなりより重い重量を扱えるようになったり、筋肉がパンプしやすくなります。
さらに、海外サプリメントに特有の成分として、ベータアラニンが配合されています。
このベータアラニンは、摂取することにより疲労を軽減する効果が期待できるほか、扱う重量がアップする効果もあります。
さらにベータアラニン特有の効果として、ピリピリとした感覚を得ることができ、これがトレーニングのモチベーションを上げてれます。
高重量を扱うトレーニングが中心の私にとっては、こうしたトレーニング効果を高めてくれるサプリメントはありがたく、高重量を扱う日には必ずトレーニングの30分前に摂取しています。

be LEGEND BCAA

この商品を使用するようになったのは、ジムでトレーニングを行う友人に少し分けてもらったことがきっかけです。
以前より、トレーニング中はスポーツドリンクを飲んでいましたが、時間が経過するにつれて少しずつ集中力がなくなっていく感じがあり、体がだるくなっていってしまっていました。
そこで、トレーニング中の糖質の摂取に加えて、BCAAの摂取を考えていたところ、この商品を使用するようにしました。
現在は海外の製品と同時並行で使用していますが、トレーニング中以外でも、仕事中に水に溶かして飲んだりもしています。
BCAAの摂取により、リラックス効果をもたらすトリプトファンというアミノ酸の分泌を抑えることができますので、高い集中力を維持しやすくなります。
また、筋肉の分解も抑制することができるので、減量期においても重宝しています。
味についても薄いレモン味ですので飲みやすく、良くも悪くも主張の弱い味といった感じです。
品質に関しても国内のメーカーからの販売ということで安心して飲むことができますし、価格も安いので非常に便利です。
トレーニング直後もくたくたになった時にはまずはBCAAを摂取し、その後にプロテインを摂取するように強いています。

バルクアップHMBプロ(BULKUUP HMB PRO)

40代も後半になり、かなりな運動不足で前々からこのままではいけないと思いつつも重い腰を上げられないままでしたが、
会社の健康診断でメタボの仲間入りしてしまった2018年7月にようやく天から神が降臨。
一大決心をして週2回、フィットネスジムへ通うことに。仕事柄、週2回通うことが限界であるため、少しでも効率の良いトレーニングをと思いネットで検索した結果、
レビューコメントの良かったこのサプリメントを選択。
※HMBcalcium2000㎎(プロテイン22杯分のHMBを5粒に凝縮)とのことでありジムでのトレーニング開始1時間前に5粒を服用したところ
トレーニング開始約20分後から身体がジワジワと熱くなってくるのがわかります。
(※HMB:ロイシンという成分の代謝物質であり筋肉の成長、維持サポートを促す貴重なアミノ酸種)
ジムへ行かない日も維持のために毎日、就寝前に5粒を服用し1か月経過したころには自身ではっきりとわかるくらいお腹まわりの脂肪が落ちてきました。
またジムでの筋トレの効果とあわせ腹筋、腕まわり、背筋の筋肉が着実についてきてることを実感できました。
特に背筋と下半身の筋肉の付き方は単なるマッチョ体系ではなく細身の筋肉質といった感じで大変満足のいくものでした。
服用開始から8カ月の現在では欠かすことのできないアイテムとなっています。
数値的な効果は【体重:73.9㎏⇒66.4㎏】【体脂肪率:29.4%⇒19.8%】【筋肉率:34%⇒43%】となり今の身体がライフスタイルに合っていることと、
特段、マッチョになることが目的ではないので現状維持し健康な生活を送っていこうと思っています。
本製品のホームページにも記載されてますがサプリを飲むだけでは効果はないとのこと。
私の場合は服用時からジムに通ってましたので効果覿面でした。

プレワークアウトサプリメントには「シトルリンマレート」がおすすめ

プレワークアウトサプリメントとは?

以前より筋トレを行っており、プロテインやBCAAといった基本的なサプリメントは摂取していましたが、よりトレーニングの効果を高めたいと考えており、プレワークアウトサプリメントの存在を知りました。

プレワークアウトサプリメントとは

プレワークアウトサプリメントとは、プレ(前)+ワークアウト(仕事・作業)のサプリメントなので、簡単に言うと筋トレ前に飲むサプリメントという意味です。

プレワークアウトサプリメントをトレーニングの前に摂取すると、体内で一酸化窒素を発生します。一酸化窒素は、血管を拡張させる効果がありますので通常よりも血液が体に回りやすくなり、疲労物質の運搬がスムーズになるだけでなく酸素の供給も効率化されるので筋トレの負担を軽減できるわけです。

 

おすすめプレワークサプリメントは「シトルリンマレート」

僕のオススメプレワークサプリメントは「シトルリンマレート」です。

「シトルリンマレート」は粉末タイプのサプリメントで、水やドリンクに溶かすことが可能であり、特殊な味や匂いなどもなく飲みにくさもないので便利です。

血管を拡張させることで、血流がよくなり、強いパンプ感を得ることができます

シトルリンマレートはパンプアップ、つまり血流UPさせることが出来るため、高負荷トレーニングではかなり重宝します。

高重量を扱った際にはかなり筋肉が張りを実感することができます。実際に僕もシトルリンマレートを使いながらトレーニングをつづけたことで、筋肉重量も順調に伸ばすことができました。

 

シトルリンマレートは各成分の配合量も十分ですし、他の市販されているプレワークアウトサプリメントのように余計な成分が入っておらず品質も良いです。他社製品は各成分の配合量が中途半端なの、でシトルリンマレートを十分に摂取するには単体での購入がおすすめです。

 

シトルリンマレートの使い方・飲むタイミング

このサプリメントは、トレーニングで高重量を扱っており、今後より重い重量を扱いたいと思っている方や、より強いパンプ感を得たい方に向いています。

摂取タイミングとしては、トレーニングの30分ほど前に付属のスプーンを使って、水またはスポーツドリンクに溶かしてください。

酸っぱいですが飲めないということはありません。どうしても苦手な場合はスポーツドリンクに溶かしましょう。

さらに、カフェインと一緒に摂取することで疲れを感じにくくなり肉体のテンションも上がり、筋トレの相乗効果を得ることができます。


マイプロテイン シトルリン マレート (リンゴ酸) 500g [並行輸入品]

安く効率的に筋肉ムキムキなら「ビーレジェンドプロテイン」シリーズ

筋肥大トレーニングとプロテイン費用の問題

筋肉を大きくするうえでは、トレーニングをしっかり行うことはもちろんですが、たんぱく質をしっかりと摂取する必要があります。肉や魚などの食材からもたんぱく質を摂取することは可能ですが、余計なカロリーを摂取してしまうこともあり、なかなか難しいのが現状です。そこでおすすめするのがプロテインです。

 

筋肥大に必要なプロテインはサプリメントでの補助摂取が必要だが費用がかかる

ドラッグストア等に行くと、よく聞く製薬会社などが大きな800g入のプロテインを30cmくらいの大きな袋で販売しています。いざ買おうと思って、価格を見ると「5000円」近くすることに気づき、プロテインって高いな・・・と思った記憶があります。

プロテインを飲まずに運動することもできますが、どうしても筋肉痛がひどく、なかなか効率的に筋トレができないことがありますよね。

 

ビーレジェンドプロテインの最大のメリットは「値段の安さ」

そんな筋肉ムキムキを目指す人の救世主が「ビーレジェンドプロテイン」です。

プロテイン自体は国内外で多くのプロテインが販売されていますが、ビーレジェンドプロテインは非常におすすめです。コスパが良いのも特徴ですが、プロテイン自体の品質が高いというのもビーレジェンドプロテインの特徴です。安いからといって粗悪品ということはなく、モンドセレクションも受賞しており、その他にも複数の機関から認証を受けています。

メリット1:他のプロテインより価格が安い

その理由はまず第一に価格が安いという事。
ナチュラル味であれば、1Kg2600円で購入することが可能であり、大手のプロテインと比較してもかなりやすく買えます。

メリット2:蛋白含有量が1食20g以上を確保

1食のたんぱく質が20gを超えますので、この価格でこの含有量は嬉しいところです。
そしてもう1つの魅力が飲みやすいという点です。

メリット3:安くて高蛋白なのに美味しいプロテインサプリ

ここまで価格が安いと、味はかなりまずいのかなと思っていましたが、水に溶かして飲んでもよく溶け、味も非常に飲みやすくなっています。

しかも味もフレーバーがいくつか出ていて、僕も試してみたことがありますが、マイプロテインシリーズはどれも飲みやすく継続しやすいプロテインでした。

ビーレジェンドプロテインのタイミングはトレーニング後、就寝前、起床後です

ビーレジェンドシリーズは筋肥大が目的なので、プロテインの摂取のおすすめタイミングとしては、トレーニング後、就寝前、起床後の3回です。

  • 筋肉が破壊され再合成されるタイミングのトレーニング後30分以内、
  • 成長ホルモンが分泌され筋肉が再生・成長する夜=寝る前
  • 今日1日の蛋白不足を防止するため朝起床後

 

ビーレジェンドシリーズはAmazonでも買えますし、公式通販ショップからも購入できます。


ビーレジェンド ホエイプロテイン ナチュラル 1Kg

公式ショップ:https://belegend.jp/