管理人

アルプロン スーパーフードプロテイン アサイーベリー

同じ会社に勤める女性社員が飲んでいるのを見て、興味をもち購入しました。
内容としては女性向けの内容となっておりますが、男性が飲んでも全く問題はありません。基本的にはプロテインに男性、女性向けという概念はなく、あくまでマーケティング施策の一貫として女性向けとしているだけです。
プロテインの成分は大豆を原料としたソイプロテインで、ホエイプロテインと比べて腹持ちが良いのが特徴のプロテインです。
その他にもアサイーやスーパーフードが多く入っており、栄養面が非常に充実しています。
私自身一人暮らしで栄養が偏っているので、サプリメントの形で栄養を効率的に摂取できるのはありがたいです。
ソイプロテインは吸収が緩やかなため、トレーニング後の摂取は別のホエイプロテインを摂取していますが、それ以外のおやつ替わりや、小腹が空いたタイミングタイミングでこのプロテインを摂取するようにしています。
味としては、何が原因かわかりませんが、少し辛味があるような感じがあり、少し独特なプロテインだと感じました。
現在減量中ですが、このプロテインを摂取することで空腹もだいぶ緩和されていますので、これからも続けて摂取したいと思います。
価格は決して安くはありませんが、内容的には満足なので納得しています。

アシックス GT2000

体重が70㎏後半でもフルマラソンが完走できる!この靴を履けば!
ということでアシックスのGT-2000の紹介をさせていただきたいと思います。
特筆すべき点は2点あります。
まず最初はクッション性です。体重が重い人にとって長時間のランニングは膝への負担が非常に大きくなります。
その負担を軽減してくれるのがこのシューズです。
特におすすめはASIHMARUという中敷きとセットにすることです。
GT-2000シリーズそのものもクッション性が高いシューズですがその持ち味を最大限発揮してくれるのがAHIMARUです。
私自身偏平足なのでますます長時間ランは不向きな体型なのですが、この2つのセットで弱点をクリアすることができました。
もう一点の特徴はスーパーワイド仕様。幅広仕様です。
通常のランニングシューズは2Eという幅が一般的な仕様なのですが、足がごつい人間にとっては非常に窮屈で走ることもままならない
レベルなのですが、このGT-2000シリーズは4Eという幅広仕様があり、窮屈感を感じることなく快適にランニングを楽しむことができます。
「太っているから…」「足がでかいから…」こんな言い訳をすることなく、努力次第でフルマラソンまで完走できます。
是非ともお薦めしたいアイテムです。

CW-X ジェネレーターモデル

CX-W ジェネレーターモデルを着用してフルマラソンを2回、ハーフマラソンを1回完走することができました。
私はスリム体系ではなく、がっちり体系で体重が重くいわゆるランナー体系ではありません。
そのような者にとって非常に大きな力になります。
特筆すべきポイントは、
・膝への負担軽減
・長時間走る際の姿勢矯正
・疲労軽減
これらになります。
まず膝への負担軽減ですが、体重が重い人間は当然ですがそれだけ膝への負荷が高くなります。
特殊なコンプレッション技術により、負荷軽減となりランニング中、ランニング後の負担はほぼ
感じることのないレベルです。
次に長時間走る際の姿勢矯正ですが、こちらもコンプレッションにより不規則なフォームによる
身体の痛みを感じることのないような構造になっています。
最後に疲労軽減ですが、長時間のランニングで下半身が高負荷状態となっており、痛みなどが
発生するのが通常ですが、CW-Xは疲労を感じにくいです。
これらの特徴がありますので、ランナー初心者やこれからハーフ・フルマラソンにチャレンジされる
方にはぜひおすすめしたいアイテムです。
かつては厚手の生地のものだけでしたが、最近は夏専用の製品もありますので、年中使えます。

アルプロン matsukiyo LAB ホエイプロテイン100

ドラッグストアのマツモトキヨシで販売されているプロテインがあったので、購入することにしたのがこの商品を最初に知ったきっかけです。
マツキヨブランドですが、プロテインメーカーのアルプロンとのが製造を行っているということで、安心して購入することができました。
味としてはココア味を購入しましたが、かなり薄い味です。
アルプロンのプロテイン自体が薄味なので、その特徴がそのまま出た感じです。
薄味ということでくどくないので、非常に飲みやすく、牛乳や豆乳と混ぜて飲んでも飲みやすいプロテインです。
たんぱく質の含有量も中々多く、頻繁にプロテインを摂取する者としてはありがたいプロテインです。
摂取のタイミングとしては、トレーニング後を中心に就寝前や起床後、その他、小腹が空いたタイミングで摂取するようにしています。
また、昼食をとる時間がないようなときには、会社に常備してあるオートミールをプロテインに入れてシェイクし、一緒に食べています。
糖質とともに摂取することでプロテインの吸収効率も高まるので、オートミール以外ではマルトデキストリンを混ぜて飲んだりもしています。
私自身は濃い味のプロテインが好きなので、他社のプロテインと混ぜて飲んだりもしています。
筋肉のつき方も変わってきたので、今後も続けていきたいと思います。

MY PROTEIN BCAA 4:1:1

英国ニュートリションメーカーマイプロテインのBCAAサプリメントでです。
この商品の特徴は、BCAAの割合比率の中でロイシンの割合が高くなっている点にあります。
ロイシンには筋肉合成作用や筋肉の分解抑制機能があり、筋肉を大きくしたい時には非常に効果があります。
BCAAの効果は多くあり、まず筋トレ中に飲むことで疲労を感じにくくなります。
さらに、集中力を維持する効果も期待できることから、長い時間のトレーニングを行っていても高い集中力を持ってトレーニングに臨むことができます。
さらに、トレーニングの直後には、プロテインの摂取が推奨されていますが、あまりに激しいトレーニングを行うと、胃腸も疲弊しています。
胃腸が疲弊すると、栄養の吸収も難しくなるため、プロテインの吸収力も弱まってしまします。
そこで、トレーニングの直後にはBCAAを摂取し、その後帰宅してからプロテインを摂取するようにしています。
減量期には、プロテインの摂取自体も制限し、このBCAAの摂取を中心に栄養を摂取します。
空腹を感じないように、炭酸水に溶かして飲んでお腹を膨らませています。
減量期でも筋肉をできるだけ落とさずにキープするためには、BCAAは非常に効果的です。

DNS ホエイプロテイン100

私がこの商品を購入した理由は、まずはたんぱく質含有量の多さです。
元々、各社製品と比較してもDNSのプロテインはたんぱく質の量が多いのが特徴であり、しかも溶けやすく味がいいというのは非常に助かります。
筋トレを行い、筋肉を大きくすることを目的としている私にとっては、たんぱく質の摂取量は一般人と比較してもかなりの量が必要になり、1日に150gから200gの摂取を目標にしています。
これを食事だけから摂取しようとすると中々難しく、しかも摂取できたとしても、余計な脂肪を摂取してしまう可能性があり、効率が非常に悪かったので、プロテインで効果的にたんぱく質が摂取できるというのは助かります。
味に関してもバリエーションがあり、1袋のサイズも小さいのでいろいろな味を試すことができます。
摂取のタイミングとしては、まずはトレーニング後、その他は就寝前や起床後に摂取しています。
就寝前は牛乳と一緒に摂取することで吸収が緩やかになるので、寝ている間の筋肉の分解を抑制することができます。
逆にトレーニング後や起床後は、より速くプロテインを吸収するために、水やオレンジジュースなどの果物ジュースやマルトデキストリンといった糖質とともに摂取しています。ビタミンBとも摂取したりします。

ファイン AYAソイプロテインスムージー 300g

この商品を最初に知ったのは、ジムでトレーニングを行っている知り合いの女性が使っており、一口飲ませてもらったというのがきっかけです。
これは表紙のパッケージを見てもわかる通り、女性が開発したプロテインであり、基本的には女性をターゲットとした商品ですが、男性が飲んでも問題ありません。
とにかく味の美味しさに驚いてしまい、すぐに購入しました。
プロテインには、基本的には牛乳を原料としたホエイプロテインと、大豆を原料としたソイプロテインの2種類がありますが、この商品はソイプロテインです。
ソイプロテインの特徴は、ホエイプロテインと比較して吸収が緩やかであるということから、腹持ちもよく、筋肉に長時間かけて栄養を送ることができます。
欠点としては、吸収が緩やかな分、すぐに吸収したいトレーニング後には向かないという点と、ソイとホエイプロテインでは、全体的に吸収される比率も若干ソイの方が劣るという点があります。
しかし、ソイの他にもスーパーフードのチアシードが入っていたり、様々な栄養成分が入っているので効果は高いと思いますし、何より味がいいのは継続するモチベーションになります。
私はこれとホエイプロテインを混ぜて飲んだり、朝食にオートミールを入れて食べたりしています。

ゴールドジム パワーグリップ

今まではなにもつけず素手でトレーニングをしておりました。
しかし、デッドリフトやラットプルダウン、ロウイング など背中を鍛える種目でどうしても先に握力が疲れてしまっていました。
そこでネットで評判の高かったゴールドジムのパワーグリップを購入しました。
実際に使用して驚きました。
今までは1セット目から前腕がパンパンになり、バーを握るのさえできなかったのが、パワーグリップを付けることにより3セットをこなしても握力が疲れません。
このパワーグリップはラバーでできているため滑りづらく、しっかりとホールドしてくれます。
そのためバーを握りこむ必要がなく、リラックスしてトレーニングが行えます。
また、私は汗っかきで手汗をよくかきます。
今まではトレーニング中も手汗をかき、手が滑りバーを落としそうになることもありました。
パワーグリップを使ってからは手汗が気になることもなくなり快適に、そして安全にトレーニングができるようになりました。
トレーニング中にどうしても先に握力が疲れてしまって対象の筋肉が追い込まない・手汗で滑ってしまってトレーニングに集中できない
そんな方は是非一度ゴールドジムのパワーグリップを試してみてください。

加圧トレーニング

筋肥大だけでなく、血行促進や成長ホルモンの分泌ができることが最大の特徴だと思います。
巷では女性向けのダイエット・アンチエイジング用途がメインですが、運動習慣のあまりない
高齢者に最もおすすめしたいと思います。
なぜなら加圧状態では従来の重さの体感的に1/4程度の負荷(重量)しかかけることができない
のですが、それにより腱への負担が軽くなるため、身体全体への負担が軽減できます。
またトレーニング中はきついですが、加圧状態を解放すると乳酸が成長ホルモンとして身体中に
分泌されるため、アンチエイジング効果も間違いなくあります。
重量的にあまり負荷をかけず、週に1~2回で効果のあらわれる加圧トレーニングは時間対効果
が非常に高いです。
血行促進・筋肥大・アンチエイジングに関しては医学的な立証はできているのですが、日本医師会
が導入に後ろ向きであるためなかなか日本で普及していないのが実情です。
今後超高齢化社会を迎える日本において、医療や投薬に頼らない自発的な運動習慣の持つ重要性は
高まっています。
加圧トレーニングの普及により、高齢者やリハビリ対象者には優れたメリットを享受することが
可能です。
ぜひとも一人でも多くの方に一度でもチャレンジしていただければと思います。

自宅で胸板を厚くすなら腕立て=大胸筋+広背筋を鍛える

腕立て伏せで鍛えられる筋肉2つ

筋トレをして胸板を厚くする場合、大胸筋を鍛える事が重要です。胸の部分というのは直接そこを鍛えるイメージがつかないかもしれませんが、実は腕立て伏せをすると腕も鍛えられますけど、同時に腕の筋肉と連動している大胸筋・広背筋も鍛えることができるのです。

広背筋

広背筋(こうはいきん/musculus latissimus dorsi)は、

第5胸椎(Th5)~第5腰椎(L5)の棘突・仙骨・腸骨稜・第9~12肋骨を起点として、下部から上外側方、上部から水平に外側方に向かって走行する筋肉で、最終的に上腕骨の上部小結節稜に付着している筋肉です。

広背筋を鍛えるためには、チンニング(懸垂)がもっともよく知られており効果も高いが、たいていの人間には負荷が高すぎる。その場合には、ラットプルダウン、ベント・オーバー・ローイング、ロープーリーなどの広背筋トレーニングに適した各筋トレ種目が存在しています。(以上、Wikipediaより引用・改変

大胸筋

大胸筋(だいきょうきん/musculus pectoralis major)は、

胸部の筋肉のうち胸郭外側面にある胸腕筋で、鎖骨、胸骨と肋軟骨(第2~第7前面)、腹直筋鞘の3部を起点として上外方に集まりながら、上腕骨の大結節稜を終点として付着する
筋肉です。

大胸筋を鍛える筋力トレーニング法には多くの種目が存在する。最も手軽で一般的なのはプッシュアップ(腕立て伏せ)であり、バーベルを使ったベンチプレス、ダンベルを使ったダンベル・フライなどもよく知られている。身体前面に位置し、もっとも目立つ筋肉の一つであることからボディビルなどでは重要視される筋肉の一つです。(以上、Wikipediaより引用・改変

したがって、胸板を厚くしたいと思っている人におすすめの筋トレの方法は腕立て伏せになるので、自宅で継続的にやってみてほしいと思います。

 

腕立て伏せをやるときのポイント

ただ、やるときにはポイントがあって、腕立て伏せをするときにはゆっくりと動作をしないといけません。すばやく筋肉を動かしてしまうと筋トレ効果が出づらいので、辛いのは分かります。

慣れないと筋トレが辛いので早く済ませようとして腕立ての動きが早くなると、筋肉への負荷が減少し、筋トレの効果があまり出ないということになります。

ベンチプレスを利用できる環境の人はそっちでも良いのですが、そうじゃない人にとっては自宅でもできる腕立て伏せはおすすめなので、胸板を厚くするための筋トレとして腕立て伏せを継続してやってみると良いと思います。

腕立て伏せをする際に体幹が弱くて腰が落ち込む、姿勢が悪くてプランクポーズの段階で辛いということがあれば手軽に利用できる加圧シャツ等が発売されているのでそういうグッズを併用するのも良いでしょう。

参考→金剛筋シャツ