2018年 3月 の投稿一覧

運動後のアフターケアサプリなら「グリコ・エキストラアミノアシッド」

運動後の疲労を摂るにはEXTRA AMINOACIDS(エクストラアミノアシッド)を運動後寝る前に摂取

私は陸上、マラソンをやっていますが、普段からトレーニングをしていると、どうしても疲れはたまってしまうものです。特に大会の前にはしっかり疲れをとって万全の状態で望みたいと思っていました。そんな時に出会ったのが回復に適したグリコの「エキストラ アミノアシッド」というサプリメントです。

(※今は新パッケージになっており、こちらのパッケージではありません。)

普段からトレーニングをしている人にはオススメのサプリメントです。このサプリメントは回復時に摂りたいアルギニン・リジン・オルニチンといったアミノ酸にカンカ(ハーブ)、マグネシウム、亜鉛、セレン、ビタミンB6といった成分が配合されています。

私も大会前の1週間前には毎日寝る前に4粒摂取していますが、驚くことに本当に疲れが抜けていくのが実感できます。疲れがしっかりとれるだけあって価格もいいお値段と感じます。毎日は無理!という方でも特に今日は激しいトレーニングをした時や大会が近い時のみ摂取するだけでも十分効果があります。私のように大会前は1週間前から摂ることオススメします。最高のパフォーマンスをして記録を狙うには正しい休息をとることがとても大切です。

食事、入浴、マッサージ、睡眠と基本的な疲労回復に、さらにこのグリコのサプリメントを取り入れてみてはどうですか?


グリコ エキストラアミノアシッド 200粒

運動後のプロテイン重いなら、フルーツ味のHMB18000良いよ

運動後でもあっさり飲めるフルーツ味のHMBプロテイン「HMB PROTEIN180000」

ヨガ・マラソン・ロードバイクなどを土日にやっているのですが、日常生活のデスクワークで凝り固まった体を急に動かすので、翌日の筋肉痛・だるさ・疲労感がひどかったんです。

それで、職場の同僚(女性)にそんな話したら、この「HMB PROTEIN180000」を紹介されたので騙されたと思って購入してみました。

HMB PROTEIN180000はサラッとした粉が600g袋に入っている

「HMB PROTEIN180000」は今のところ通販限定っぽいので、昼休みにネットで購入しました。

 

HMBプロテイン18000の中身はサラサラの粉にスプーンが同包されています。

見た感じザバスプロテインみたいに粉がもたついた感じがなく砂糖のようにサラサラしています。

 

HMB PROTEIN180000購入したら専用シェイカーもついてきました

HMB PROTEIN180000を購入したらシェイカーも一緒についてきました。

口が大きいので意外と重宝しています。(社名ロゴの模様が剥げているのは食洗機にかけすぎたせいです)

サバスプロテインみたいにアワアワにならないのでとても飲みやすいです。

 

HMB PROTEIN180000の味はさっぱりしたカルピスみたいなフルーツ味

溶けやすい粉なので、粉をスプーン1杯入れて水を入れて混ぜるだけ。

普通のプロテインとは違うし、水で溶いているからか運動後の疲れた体にもフルーツ味が気持ちよく飲めます。

1点味のデメリットとしては甘味料がステビアなので、人工甘味料の後味がします。そこが嫌いな人には合わないかもしれません。

HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)とは?

HMBはプロテインをさらに分解して筋肉のもとになる成分で、HMB(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)が正式名称。HMBは必須アミノ酸の一種であるロイシンの摂取により体内で生成される成分です。最近はスポーツ業界でも注目されてますが、数年前にはサントリーが高齢者のサルコペニア(老化に伴う全身の筋肉量減少)の予防や改善にも有効としてHMBのサプリメント「ロコモア」を出してましたよね。それと同じHMBです。

 

HMBは要は筋組織の修復を高める生体内合成成分なんです

筋トレすると筋肉が引き伸ばされ「筋線維」が損傷します。筋繊維は損傷すると脳から指令が起き、筋組織を修復しようする生体反応が起きますが、このとき損傷以前よりも強い筋肉を作ろうとします(いわゆる筋肉の超回復)。その時に筋肉の再合成成分が不足するとうまく筋組織が作られず痛みを発症するらしいですね。

筋肉痛は「筋線維」が損傷で起きるのですが、筋肉が発揮できる力以上に力を使った場合に起きる減少です。つまり筋トレに慣れていなかったり、草野球など不慣れな運動を急にやったり、重たいものを持つなどあまりにも強い負荷を筋肉かけ過ぎてしまうと起こります。

で、筋繊維の損傷と修復、筋肥大(筋力増大)に大きく作用する成分が「HMB」ということになります。

 

筋トレや運動後のケアになにかプロテイン・HMBを考えている人にも一度試してもらいたいですね!

→ HMBプロテイン18000

筋トレ後にHMB入りプロテインを飲むと筋肉痛が軽減される

HMBとは?

HMBとは必須アミノ酸であるロイシンの代謝物で、筋タンパク質合成促進と分解抑制の効果がこれまでの研究で明らかにされています。正式には「3-ヒドロキシイソ吉草酸、β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸、 3-Hydroxy 3-MethylButyrate」と言います。HMBは筋タンパク質の主要な合成経路であるmTOR系を促進、反対に主要な分解経路のユビキチン/プロテアソーム系を抑制するとされていて、筋トレによるボディメイクを助けてくれる成分として知られています。こういった働きがあるのでHMBの事を筋肉サプリと呼んだりします。

 

HMBの効果

HMBは筋肉の合成を高める効果がありますが、筋肉増量の結果、代謝を高めるという意味でダイエットしたい人にも注目されています。

 

HMBの筋肉合成を促進させる効果がある

HMBの材料になるロイシンはmTORという体内のタンパク質に働きかけ、筋合成のシグナルを伝えることが知られています。そして、ロイシンの代謝物であるHMBも同様にmTORを刺激しますし、ロイシンよりも吸収の効率が高いとされています。

筋線維を修復するために筋肉の材料が必要となる筋トレ前後に吸収の速いHMBを摂取することで筋合成を効果的に進めることができます。また、筋トレ後は筋肉に血液が集中していて、消化器官の働きが低下しているので、吸収に負担の少ないHMBは効果的と言えます。

なぜダイエットに効果があると注目されているのか?

またこのHMBはダイエット効果があるとも言われていて、その理由はHMBは筋肉量を増加する働きがあるので筋肉が増えれば基礎代謝がアップし脂肪を燃焼することが出来るからです。なので筋肉を付けたい男性だけではなくダイエットがしたい女性やお腹周りの脂肪をなんとかしたい中年男性からも注目されている成分と言えます。

近年はHMBを主成分としたサプリが数多く販売されていて、その中には美容成分、ダイエット成分をプラスした女性向けの商品も少なくありません。これまでは筋肉を効率よく付けるとなるとプロテイン飲料が主流でしたが今は飲みやすさからHMBを利用する人が増えてきています。ただ理解しておいて欲しいのはHMBはあくまで筋肉を効率よくつける為の成分なので摂取するだけで筋肉が付く、痩せることが出来るわけではありません。サプリメントを摂取して筋トレや運動をする必要があります。

 

HMBと一緒に摂取すると効果的なスポーツサプリ成分

あとHMBと併用して飲むことをお勧めする成分がプロテイン、クレアチン、グルタミンです。プロテインは筋肉を作る材料となるのでトレーニング後に必要不可欠ですし、クレアチンやグルタミンを摂取することで疲労回復や持続力を高める効果があると言われています。

 

クレアチン

クレアチンは体内でクレアチンリン酸として貯蔵される筋肉のエネルギー源で、特に瞬発的な運動の際に使われます。そのため、クレアチンをサプリメントで飲むことで筋トレや瞬発的な運動、スプリント種目を行う時に有効と言われています。クレアチンをトレーニング前に補給することで、トレーニングを高い強度で行うことができたり、いつもより瞬発的な運動の持続力が高まると言われています。筋トレであれば、高重量トレーニングで辛くなってからの最後1レップの踏ん張りが期待できます。

 

より高い強度や質でトレーニングができるということは、それだけ筋肉の成長にも効果的です。クレアチンそのものは筋肉の成長を促しませんが、トレーニングの質を上げることで、結果的に筋肉の発達が促されるのでおすすめのサプリメントです。

グルタミン

グルタミンはアミノ酸の一種で、トレーニングからの回復に効果的と言われています。トレーニングで追い込むことは身体にとっては少なからず負担になっています。そのため、トレーニングをよく行う人やアスリートでは免疫が低下し、風邪をひきやすい状態になると言われています。グルタミンはトレーニング後に身体の免疫が低下するのを抑制する効果があり、体調管理に欠かせないサプリメントです。

 

また、グルタミンにはトレーニング後のグリコーゲン量の回復を促進する効果があります。グルタミンを飲むことでトレーニングで枯渇した筋肉のグリコーゲンを素早く回復させ、次のトレーニングにつなげることができます。

 

3ヶ月で5kg体重を増やすなら重量系プロテイン「シリアスマス」

爆発的筋肥大ならプロテインはシリアスマス(Serious Mass)

筋力トレーニングを行っている方は大半がプロテインを使用していると思います。そもそもプロテインとはタンパク質の事で、筋力トレーニングで破壊された筋繊維を修復する為のタンパク質を食事だけでは取れない事から、プロテインを補助的な物として摂取するのです。これにより、効率的に筋力を肥大化させる事が出来ます。

 

過去に使ったことのあるプロテイン一覧

私も多くのプロテインを試して来ましたが、私が個人的に飲んでいたプロテインを紹介します。

ウェイトゲイナー

先ずは有名な「ウェイトゲイナー」です。このプロテインは私が初めて購入したプロテインです。味はチョコレートでした。このプロテインは体重増加用ですから、当然、カロリーが高いです。甘くて美味しいですよ。甘党の方ならオススメです。きちんと食事と組み合わせれば体重増加が見込めます。

ザバス

次は「ザバス」です。
このプロテインは平均的なプロテインといった感じですかね。平均的な量のタンパク質が含まれています。別の種類のザバスですが、体重低下用のザバスもありますよ。非常に低カロリーな物です。

シリアスマス

最後に紹介したいのが、私が一時期大変お世話になったプロテインで「シリアスマス」です。


Optimum Nutrition シリアスマス 2.7kg [海外直送品] (チョコレート)

このプロテインは凄いですよ。とにかく超高タンパクです。
いわゆる、重量系の体育会系の方用のプロテインです。平均的な方がこれを利用するのは止めた方が良いと思います。とにかく、タンパク質の過剰摂取で体調崩します。その代わりに筋肉肥大にはもってこいのプロテインです。

目的・筋肉状態でプロテインのメーカー・種類を変えるのがコツ

私は色々使用して来ましたが、筋肉の状態によって使い分けるのが一番良いと思います。
一定の体重をキープして、筋肉肥大なら、低カロリーに高タンパクのプロテインを。
とにかく、体重増加を目指すなら、高カロリーのプロテインを。自分にあったプロテインを選びましょう。